歯医者」カテゴリーアーカイブ

インプラントに興味があったけれど怖い…

歯が1本なくなっているところがありまして、歯科衛生士と歯科助手との違いを明確にしている吹田の歯周病歯科医院だからこそインプラント治療に興味があります。しかし、インプラント治療は歯の骨に杭のような金属を打ち込んで、そして義歯をつけるということで、ちょっと構えてしまいますね。

いや、構造はなんとなくですが理解しているのです。それに、インプラント治療は本物の歯のように見せることができる画期的な治療だということも聞きました。しかし、「インプラント治療の仕上がりは歯科医師の腕による」という話も聞きましたので、それで怖くなっているのです。

インプラント治療は大掛かりな治療であるとも聞きましたから。虫歯のように、ちょこっと削って詰め物をしてーといった短時間でちゃちゃっと終われる治療ではないと聞きましたから。それにインプラント治療の金額もなかなかのインパクトじゃないですか。ですから気軽にはインプラント治療に踏み切れないのですよね。まずは腕のいい歯科医師を探すところから始めなくてはーと思っています。

歯医者はとにかく時間が掛かりすぎです。

歯の治療って本当に面倒だなって思います。江坂で歯周病外科治療も得意な歯科医院へ医者に通院するのが今後面倒になるであろうことから入念に歯の治療をしたはずなのにまた虫歯に悩まされててそれが歯医者への不信感にも繋がってるんです。けれども歯医者に通院しなければ虫歯は治らないということもまた事実ですし本当に面倒だなって感じます。
とにかく歯医者の在り方とは何度も何度も通院を余儀なくされること、これは昔からそうですが虫歯治療をもっと一気にやってくれればいいのに、そうすれば無駄に通院することもないのにと一見思いがちですが、ただ徐々に治療を行わなければならない理由も理解していますし仕方のないことだとは認識しています。
例えば慌てて治療をやった場合きっと後から綻びみたいなことが起きて結果的にまた治療しなければならなくなるんだろうとは思います。ただ技術も進歩してますから歯医者さんの治療ももっとスムーズにあまり時間を割かないようになってほしいなと思います。

歯科の先生とは相性のようなものがある

たくさんの歯科医院があるのに、大阪の歯周病治療なら担当制を選ぶといつもみんな歯医者を探していますよね。とくに、年度初めになると「江坂でいい歯医者知らない?」って人に聞かれます。
私は歯が弱くて、それに仕事が忙しくて歯医者さんにはなかなかいけなくて、でも歯はとても大切に思っているのに、納得の行く治療をしてくれる歯医者になかなか出会えませんでした。

 

おすすめの歯医者さんに行っても気に入らなかったり、評判がいまいちのところでもけっこうよかったり、内科や外科、眼科などよりも歯科の先生とは相性のようなものがあるような気がします。
深刻な病状になってから、駆け込むよりも、クリーニングなどでいろいろな歯科を訪問してみたらいいと思います。

 

ハワイで暮らしていた頃、歯科治療は保険がきかなくて、高いものだったので、定期的にチェックアップに通っていました。そのときに、歯医者さんと何気ない会話をすることによって、治療方針や人柄がわかると思います。今でもまめにチェックアップに通いたいのですが、近くで診てくれていた先生が、遠くなりなかなか行けない状態。

 

でも、信頼できれば、多少交通費がかかっても、その先生に診てもらおうかという気持ちがわきます。
今の歯医者さんたちは、チェックアップやクリーニングを喜んで引き受けてくれるので、悪いところがなくても、いいと言われる歯科医院に行ってみてはどうでしょう?

そんなに小さな虫歯だったの?

ある日突然、大阪の歯周病治療が実績豊富で食べ物を噛むと痛みを感じるようになりました。歯なのか歯茎なのか分かりませんが、日に日に痛みは強くなり、我慢しきれなくなって歯科医院に行きました。
初めてお世話になる大阪の歯科医院だったので、色々口コミなどの情報を調べてから行きました。

 

診察や指導などはとても丁寧だったのですが、この辺りが痛いと言っても原因が分からず、1回目は何の処置も無しに帰されてしまったのです。こんなに食事の度に痛むのに、不思議だなあと思っていました。外見では分からないような原因があるんだろうかと不安になりながら、2週間後に経過を見るために再び受診しました。

 

その日も念入りに口の中を見てもらいましたが、原因は不明。しょうがないのかなと諦めかけていた時、「ああ、ここに穴がある」と言われたのです。それですぐに穴を埋めて治療は終了。痛みも完全に消えました。それにしても、そんなに気づかない程の小さな穴で、こんなに痛むものかなと今でも不思議に思っています。

虫歯で炎症が起こり治療が長引いた

虫歯になると、大阪で歯科医院一覧ならこんな痛みは二度と嫌と思うほど激しい痛みがあります。この私もそんな経験が何度かありました。しかしそんなことを経験しても、やっぱり痛み出してから歯科を受診するのはどうしてでしょうか。早めに受診をすると、そんなに激しい痛みを経験することがないのにと、いつも反省をしています。

 

そんな痛みの時に、その時は特別強い痛みがあったと思ったことがありました。それはその歯の周辺がぼったりと腫れてしまったのです。顔貌が変わるほど腫れていたので、職場の人が心配をしてその時点で歯科を受診することにしました。

 

その時、炎症が起きているということで直ぐに治療をすることができなかったのです。歯茎の炎症を抑えるために、抗生物質を内服してその後に治療をすることになりました。しかも、歯茎は切開をしてその痛みもひどかったです。

 

相当悪くなっていたと思います。その後は、なんとか治すことができましたが、その痛みを忘れることができません。

歯が強烈に痛くなって歯医者を利用した話

急に歯が痛み出したことがあります。
大阪で歯周病治療の体験はとにかく強烈な痛みで、原因もわからない状態でした。
その日は日曜日だったので歯医者が開いておらず、痛くてどうしようもなかったので冷やすなどしていたのですが限界があり、歯痛に効くツボをインターネットで調べて押すこともしましたがあまり効果がなく、苦しい中を薬局に行って痛み止めの薬を購入して飲みました。

 

翌日に歯医者に行ったのですが、歯の状態についてそこまで詳しく聞かなかったので、何が原因で痛くなったのかあまりよくわかりませんでした。
治療中も歯が痛かったのですが、処置が進むにつれ傷みが軽減してきました。

 

治療後は前よりはずっとマシになりましたが、それでもまだ少しズキズキする傷みは残っていました。
しかし治療の翌日には痛みもすっかり収まり、その後も治療を行って歯を詰めてもらいました。

 

よく考えてみると、以前から少し冷たいものが歯にしみたりしていたので、やはり前触れはあったのだと思います。
日頃から歯のケアを意識し、定期的に歯医者で検診をしてもらうことが大切だと痛感しました。

20歳で下の歯の歯列矯正をしました

もともと歯並びは悪くなかったのですが、大阪の歯周病歯科医院一覧は17歳くらいから下の歯の歯列がデコボコになってきてしまいました。歯科を受診してみると親知らずが生えてこようとしていてスペースが足らないので、前の歯を押しているためと言われました。治療は親知らずを2本抜いて歯列矯正が必要ということでした。
20歳を超えてまさかもともとは悪くなかった歯並びを矯正することになるとは思いませんでしたが、下の前歯がデコボコしているのはとても気になるので、抜歯の後でワイヤーによる矯正を始めました。
とても目立つのではないかと心配でしたが、下の歯のワイヤーはあまり見えず人から指摘されることは一度もありませんでした。驚いたのはワイヤーとつけ始めて1週間くらいでかなり歯が動いたことです。その一週間は多少痛みもあったのですが耐えられないほどではなく、日に日に歯が動いていくのが楽しいくらいでした。そして半年くらいで矯正は完了して、綺麗な歯並びになりました。
治療に関しても見た目に関しても想像していたほどの辛さはなかったので、矯正してよかったと思っています。

大晦日虫歯の痛みに耐え抜き歯医者へと向かい歯の根本の治療

せっかくの大晦日だというのに虫歯が痛みだして散々な年明けとなりました。大阪で歯周病治療専門サイトはこの虫歯ですが実は以前から気になっていて、何度も痛みの症状は出ていたのです。場所で言うと左下の奥から2番目の歯でした。虫歯が痛み出す度に歯磨きをしたり、歯の痛みを軽減してくれる薬を服用したりごまかしていたのです。

 

それを繰り返していく内に痛みが無くなっていたのですが、所詮は応急処置でしかなかったようです。大晦日年越しそばを食べた後にズキンズキンと虫歯の痛みが生じてしまい、私は再び歯磨きや痛み止めの薬でごまかそうとしました。しかし、以前のように痛みが軽減されることはなかったのです。

 

私は我慢ができないほど痛くなり、その虫歯を強引に手で抜いてやろうと試みました。しかし、簡単に抜ける筈がなく、それどころか顎の輪郭が変形するくらい腫れてしまったのです。結果私はその状態で年を越えてしまい歯医者が営業する1月4日まで痛みに耐え抜いたのです。

 

江坂で評判の歯医者に行って先生に教えてもらったのですが、私の虫歯は根本から進行しているようで何度か通院して治療しないといけない程重症だったようです。治療は根本に薬を投与して暫く塞いでおくという方法で3回か4回の通院で治療を終えることができました。

保険内で治療できるんだ!

以前、ちょっとした事で大阪歯周病治療専門サイトに前歯が欠けてしまった事がありました。前歯の半分くらいから斜めに欠けてしまい口を開くのをためらう様な顔になってしまいました。

 

早く治療しに行かないと『恥ずかしいな~』と思っていたのですが…前歯ってよく『保険が利かない』と聞くじゃないですか?なので『幾らお金がかかるんだろう??』なんて考えてしまい、中々治療に行けませんでした(笑)

 

でも、このまま前歯が欠けた情けない顔のままではいられませんので掛かり付けの新大阪の歯医者さんに相談しに行きました。前歯が欠けたのを見せて私が治療費の事を聞くと先生は、『前歯は保険内で治療できるのもあるから大丈夫』と教えてくれました。

 

差し歯にする治療を施してもらいましたが歯の材質を良い物(セラミック等)にすると保険外で値段が高くなるそうですが、私は結局保険内で使える硬質レジンという素材で作ってもらいました。

 

ただセラミックと違い、少し色や歯茎が少々変色するのが難点ですが値段は格段に安くなっていて私は約7000円で治療出来ました!
保険が利かないかも…と悩んでいる方は、まずは相談に行ってみると良いと思います。

痛みに弱いので笑気ガス使用です

私は子供の頃に虫歯ができて歯医者に初めて行ったのですが、その時に、麻酔なしで神経を抜かれてしまって、その時の強烈な痛みがトラウマになって、歯医者に行くのが怖くて、虫歯ができても、本当に痛くなるまで頑なに歯医者に行かなかったのです。それで、虫歯はひどくなって、永久歯を失うことが多くなって、差し歯やブリッジなどいろいろな方法で大阪の口コミが良かった歯医者で治療を受けました。

横浜市のバストアップエステに行っていた去年、虫歯の治療をしていたところが痛くなって、歯医者に行ったのですが、私が痛みにとても怖がっているのを見て、先生が笑気ガスを使ってリラックスできるようにしてくれました。でも、日頃から睡眠薬を飲んでいるので、なかなか笑気ガスが効かなくて、かなり強くしなければなりませんでした。

とにかく麻酔の注射をしてくれると痛みを感じることがなくなるので、麻酔の注射をしたくださいとお願いしました。子供の頃のトラウマで痛いことをされるのが怖くて、とにかく麻酔の注射を打ってくれるようにお願いしました。