歯並びの不思議

PR|新大阪でインプラント実績No.1
親不知が虫歯になりました。親不知の手前の歯も、虫歯になっている状況でした。

しかも、親不知は少しの虫歯で、親不知の手前の歯はかなり虫歯が深い、と言うのです。

歯科のドクターは、「親不知を抜いてから、虫歯の治療をしましょう。」と提案して来られました。

しかし、「親不知の虫歯が軽いのでありましたら、手前の悪い歯を抜いて、親不知の虫歯を治してみるのはどうでしょうか。」と私は考えたのです。

ドクター曰く、「親不知と言うのは、質がもろい可能性が高いし、手前の歯を抜いてしまいますと、親不知との間の溝が埋まらない可能性がある。」と言うことでした。

昔矯正をしていました時にききました話ですが、「歯は自然に寄って来る。」と言うことはありますか?とドクターに尋ねますと、「それは、その時にならないと分からない。」と言うことでした。

虫歯の多い人生を送ってきました。親不知と言えども、虫歯が軽いのでありましたら、それは大事な私の骨です。無為に抜いてしまうわけには行きません。余分な歯でも、いずれ移植する時に必要になる場合だってあるのですから、親不知も大切に扱いたいと思って磨いてきました。

そんなに磨きましても虫歯にしてしまうのですから、偉いことは言えませんが、親不知は治療して、手前の虫歯が深い歯を抜いてしまうことになりました。

そして、親不知の手前に出来た歯の隙間は、なんと、半年後には、なくなっていたのです。親不知が手前に寄ってきてくれまして、抜いた歯の代わりをしてくれているのです。

親不知は大切です。虫歯になった歯の代わりをしてくれているのです。

しかし、今となりましては、手前の抜いてしまった歯も、抜かなくても良かったのではないだろうか、と勿体なく思ってしまっているのです。

昔矯正の時に、歯を四本抜いていますから、人よりも歯が少ない分、大人になってから生えました親不知も大切に思っています。

矯正のドクターの予定では、埋まっている親不知まで抜く予定だったのですが。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|お家の見直ししま専科|貯蓄|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|サプリメント|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|