月別アーカイブ: 2018年2月

ダイレクトボンディングで満足な仕上がり

私は上の前歯に若干隙間があることが長年の悩みの1つでした。
歯科で相談したこともあるのですが、治療方法としては大阪市で歯周病治療をするなら最新機器を取り揃えている歯科医へが一般的で健康な歯を大きく削ることには抵抗があり、そのままにしてきました。
先日、奥歯が虫歯になり近所に新しく出来た歯科を受診したところ、他に気になることはないかと聞かれて、歯の隙間についてダメ元で話してみました。
するとダイレクトボンディングという方法で削ることなく簡単に隙間を埋められるということでした。小さな虫歯に詰めるレジン似た方法だけれど、自費なので色合いなどの調整や形の希望などもでき、審美治療として適応できるそうです。
心配だった価格も1本1万円ということで、セラミック治療よりはずっと安くお願いすることにしました。
歯は削らず隙間の部分にプラスチック剤を貼り付けて光で固める治療で、あっという間に終わりました。仕上がりもとても自然で気になっていた歯の隙間が全くなくなり大満足です。
10年以上悩んでいた歯の隙間ですが、思いがけず安く治すことができ、審美歯科も日に日に進歩しているんだなと実感しました。

歯科の先生とは相性のようなものがある

たくさんの歯科医院があるのに、大阪の歯周病治療なら担当制を選ぶといつもみんな歯医者を探していますよね。とくに、年度初めになると「江坂でいい歯医者知らない?」って人に聞かれます。
私は歯が弱くて、それに仕事が忙しくて歯医者さんにはなかなかいけなくて、でも歯はとても大切に思っているのに、納得の行く治療をしてくれる歯医者になかなか出会えませんでした。

 

おすすめの歯医者さんに行っても気に入らなかったり、評判がいまいちのところでもけっこうよかったり、内科や外科、眼科などよりも歯科の先生とは相性のようなものがあるような気がします。
深刻な病状になってから、駆け込むよりも、クリーニングなどでいろいろな歯科を訪問してみたらいいと思います。

 

ハワイで暮らしていた頃、歯科治療は保険がきかなくて、高いものだったので、定期的にチェックアップに通っていました。そのときに、歯医者さんと何気ない会話をすることによって、治療方針や人柄がわかると思います。今でもまめにチェックアップに通いたいのですが、近くで診てくれていた先生が、遠くなりなかなか行けない状態。

 

でも、信頼できれば、多少交通費がかかっても、その先生に診てもらおうかという気持ちがわきます。
今の歯医者さんたちは、チェックアップやクリーニングを喜んで引き受けてくれるので、悪いところがなくても、いいと言われる歯科医院に行ってみてはどうでしょう?

そんなに小さな虫歯だったの?

ある日突然、大阪の歯周病治療が実績豊富で食べ物を噛むと痛みを感じるようになりました。歯なのか歯茎なのか分かりませんが、日に日に痛みは強くなり、我慢しきれなくなって歯科医院に行きました。
初めてお世話になる大阪の歯科医院だったので、色々口コミなどの情報を調べてから行きました。

 

診察や指導などはとても丁寧だったのですが、この辺りが痛いと言っても原因が分からず、1回目は何の処置も無しに帰されてしまったのです。こんなに食事の度に痛むのに、不思議だなあと思っていました。外見では分からないような原因があるんだろうかと不安になりながら、2週間後に経過を見るために再び受診しました。

 

その日も念入りに口の中を見てもらいましたが、原因は不明。しょうがないのかなと諦めかけていた時、「ああ、ここに穴がある」と言われたのです。それですぐに穴を埋めて治療は終了。痛みも完全に消えました。それにしても、そんなに気づかない程の小さな穴で、こんなに痛むものかなと今でも不思議に思っています。